2010年03月11日

応募時に面接?

以前にもお話しましたがグッド(上向き矢印)大規模な税理士事務所ではなく、
税理士の方が個人で事務所を開いている中小の税理士事務所に
就活をする場合はハローワークで求人情報を探すのが
1番良いと思います猫

では、ハローワークで税理士事務所の求人情報を探し、
いよいよ求人募集に応募と言うことになりますが、
ハローワークでは応募者の紹介という形式をとり、
ハローワークの担当の方から
求人募集を行っている税理士事務所へ連絡をしてもらえます。

連絡をして、まだ求人募集をしているか?
最初の採用選考はどのように行うか?
ハローワーク担当者の方が尋ねてくれます。

求人募集が正社員募集だけでなく、
アルバイト、パート募集でも同じですね。


そこで、募集を行っていると言うことであれば、
選考方法を確認する訳ですがバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ここで最初の面接exclamationが行われる時もあります。

それは電話面接ですexclamation
ちょっと言い過ぎかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)
ハローワークの担当者に代わって、応募者本人と直接
話がしたいと採用担当者(=税理士事務所所長)から
要望されることがあります。


応募者が多い場合などに予め簡単な質問をして、
あまりにも採用条件と離れている場合には、
応募をお断りする場合があります。


選考方法は、いきなり履歴書持参による面接のパターンが
少なくありませんので、
あまり多くの応募者を面接できない事も
電話面接を行う理由にあります。


電話面接は、必ず行われるものではありません。
もし電話で直接、税理士事務所所長と話す場合には、
簡単な挨拶して、質問に答えていけば大丈夫です。
誠実な回答と意欲をアピールしたいですねるんるん

posted by 元職員 at 19:58| 税理士事務所に就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。