2010年11月07日

税理士事務所での面接のポイント

さて、税理士事務所での面接のポイントになりますが、
面接で一般的に重要と思われる点をしっかり行う様にしたいですね。

位置情報身だしなみに注意し、清潔感のある印象を持ってもらう様にすること

位置情報声はゆっくりと歯切れよく、話し方に注意すること

位置情報最後まで気を抜かず、面接終了後、挨拶もしっかり行い、面接を終わらせること


以上のような点が面接のポイントになります。

そして、税理士事務所ならではのポイントとしては、
以前お伝えしました、『面接の審査内容』が重要ポイントになります。


1あいさつ、礼儀等はちゃんとできるかどうか
2会計業務への適正があるかどうか
3人とのコミュニケーションは充分あるかどうか

この部分を十分アピールする必要があります。

あいさつ、礼儀等では、面接会場である税理士事務所訪問時のあいさつ、
そして面接官である事務所所長へのあいさつ、最後に面接後のあいさつなど
あいさつをする機会は、数回ある訳です。

どの場面でもしっかりあいさつ、そして礼儀についても注意しましょう。


次に会計業務への適正ですが、これは職務経歴書、保有資格から
面接官からの質問に対して、具体例を踏まえるなど、
より具体的な言葉を混ぜて返答出来る様にしておきましょう。
具体的な内容を話すことでその知識、経験のアピールに繋がります。


最後のコミュニケーションですが、これを面接でアピールするには、
面接官からの質問に対して、
短い回答ばかりにならない様に注意することが必要です。
またこちらから質問することも
アピールに繋がるかもしれませんね。


以上、これまで税理士事務所の面接試験を受けてみて、
また税理士事務所に就職した後、事務所所長が面接後の面接者について
感想を聞いた中から、お役に立てる情報として
お伝えさせていただきました。

参考になれば幸いですぴかぴか(新しい)

posted by 元職員 at 22:27| 税理士事務所に就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。