2011年01月01日

入社日当日の注意点

ひらめき職員数が2,3名から10名程度の税理士、会計事務所での
就職、仕事内容、職場内容をご紹介しています。

入社日当日に行われることは、
先輩職員と顔合わせだけではありません。
いきなり仕事をガッチリパンチ行うとお考えください。

プレッシャーをかける訳ではありませんが、
最初が肝心です!!

勤務開始時刻には確実に業務を行える様な時間帯に
出勤してください。


税理士事務所によっては、
事務作業を行う前に清掃などの雑用を行う場合があります。


採用通知後、入社日前に
出勤時間帯を確認しておくと良いと思います。
また、入社日当日に持参する様、連絡を受けた書類等は、
確実に用意して持参するようにしましょう。


出勤後、最初に職員全員に挨拶する機会があると思います。
これはどのような仕事でも同じですね。

それから税理士事務所所長との面談があるかもしれません。
これは、実際に仕事を行っていく際の注意点や採用時の書類の確認などを行います。

実際に仕事を教えていくのは、先輩職員になります。
指導係の先輩職員がいる場合もありますが、
多くは先輩職員皆で指導してくれると思います。

その方が早く色々な先輩と話す機会が増え、
職場に溶け込み易くなると思います。

先輩職員から指導を受けるときは、
やはりメモ帳を用意しておくと良いと思います。

実際に細かい内容を説明する場合が多く、
説明を聞いているだけでは、あとから自分1人だけで
作業することが出来ない場合があります。

『分かんなかったら、その都度聞けばイイヤーわーい(嬉しい顔)』と
気軽に考えては困ります…。

先輩職員皆、忙しい中で時間を割いて
指導している事を忘れないでくださいね。

一度指導を受けたら、次は確実に1人で出来る様に
指導時間の説明をしっかり聞いて、身につけていきましょう。


職員数が少数の税理士事務所ですと、
本当に1人1人に頑張りが事務所全体の作業成果に繋がります。

そういった部分では、入社当初から
仕事面で大きな期待を受けていることになります。

入社日当日は…
@、余裕を持って出勤すること
A、入社日に必要とされた書類は確実に持参すること
B、メモ帳を用意して、指導等に臨むこと

仕事をマスターするのも大切ですが
税理士事務所先輩職員の信頼を得る様に努める必要があります。

次回からは入社後1年目の仕事内容について、
ご紹介していきますend


posted by 元職員 at 12:43| 税理士事務所に就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。