2009年11月18日

税理士事務所の1日

今回は『税理士事務所の1日』と題して、
少人数の税理士事務所の1日の仕事の流れをお伝えします。
事務所によって異なるとは思います。
また、繁忙時期や月末、月初などで多少違いもありますが、
一般的な事務所の1日のお話ですカチンコ


仕事の始まりは定刻時間に合わせて、職員は出勤します。
始業時間ギリギリに出勤する以外は、
特に個々に自由な時間に出勤しています。


『始業時間には仕事を始めている様にexclamation
このような厳しい雰囲気は通常はありません。

ただ、仕事前に掃除をする事務所もあり、
担当制や皆で掃除をしたりします。
(掃除の時は早めの出勤ですね。)

少人数の事務所なので、掃除からゴミ捨ても全部自分達でします。


晴れ仕事は各自で取り組む事が多いので、
入社後数カ月過ぎると、担当業務などが決まってきますので、
その内容に沿って、各自仕事に取り組みます。

もちろん、所長や先輩から仕事の指示があり、
指示の下、仕事に取り組む場合もあります。


ただ、指示があった方が良いと思われる方も
いるかもしれませんが、
基本的には自分から仕事を見つけ、
取り組んでいく姿勢が必要です。


雷しかし、入社当初は、どの仕事が優先なのか、
分からないと思いますので、
仕事を始める前に『この仕事で始めて良いのか?』確認すると
良いと思います。


昨日までは無かった仕事で
急ぎで今日中に仕上げないといけない仕事なんかも
結構ありますので…。


位置情報主にデスクワーク仕事になりますので、
計算機とパソコンは頻繁に使います。


所長は外出しますので、
電話対応や突然来所するお客様への対応も
結構重要な仕事になります。
所長宛ての連絡なら正確に把握し、所長に伝える事、
他の場合には、自分たちの判断で対応する事も必要です。


また、会社や個人の財産に関する重要書類などを
取り扱いますので、紛失は絶対やってはいけない資料ばかりです。


税理士事務所以外にも当然、事務管理上のルールが
あると思いますので、そのルールに沿って処理すれば、
特に問題がないのですが、
ただ、計算機とパソコンでの仕事だけでは無いと言うことです。
むしろ、計算機とパソコンを使った仕事は、
仕事の中の半分ぐらいかもしれません。

end

posted by 元職員 at 16:15| 税理士事務所とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。