2009年11月14日

税理士事務所の人たち☆

前回、税理士事務所の職員のお話をしましたが、
引き続き今回も税理士事務所の人たちいい気分(温泉)のお話になります。


これから税理士事務所、会計事務所に就職をお考えの人には、
どんな先輩がいるのか、気になる部分ですよね。


仕事内容と先輩達のお話はこれからも
多くご紹介していきたいと思っています猫


さて、少人数で働く税理士事務所の職員の求人募集には、
どのような人が応募してくるのでしょうか?


1事務所に近くにお住まいの方

これは本当に多いです、特に女性の求人募集応募者に
多いパターンです。
会社と違い転勤はありません、
また税理士事務所が繁盛し、事務所移転の可能性はあります。
(特に年齢が若い所長の場合)
しかし、お客様も事務所周辺の場合が多く、
ものすごく遠くに事務所を移転する事はほとんどありません。
(すごく遠くても電車で一駅ぐらい…。)

そのため、転勤や通勤時間がかかるのを嫌う人からの
求人応募が多く、家事も両立できることからも
既婚者の女性が働いている場合が多いです。


ひらめき女性の場合、育児等で会社を辞められる方が多いと
思いますが、税理士事務所の場合、復帰する方も多いと思います。

理由は、事務所としても会計、税務の知識や技術を高めるには、
有る程度キャリアが必要であり、長年勤めてくれる職員を
大切にする傾向があります。
さらに、事務所近くお住まいの方なら、再び働いて欲しいと
所長も考えている事が多く、新たな人材を探すより、
既に事務所の仕事、会計、税務のスキルがある育児休業者を
大切に扱ってくれる職場です。


もちろん、定年制度が無い事務所だってあります。
『働いてくれるなら長く働いて欲しい。』

このような考えを持った事務所所長は多くいらっしゃいます。


2資格取得者や資格を目指す人が多い

税理士事務所だけに税理士資格を目指す職員は
どの事務所も必ず1人はいるような感じです。

税理士資格登録の条件にもあることから、
税理士資格を目指す人は、税理士事務所、会計事務所で
勤務している人が多く、また普通の会社よりも
税理士資格への理解がある職場の為、
試験日近くは、仕事量を減らしたり、休みを取る事ができたりと
税理士資格受験者にとって、働きやすい職場と言われています。


職員の半数以上が試験を受験する時は、
昼休みは試験勉強の時間になることさえ、あります。


他にも、業務に関連するような資格
(社会保険労務士、行政書士、米国公認会計士、建設業経理士、
簿記、FPなど)を目指す人も多いです。


また、求人募集応募者の中には、簿記などの資格を有して
応募される方も多く、簿記以外であれば
パソコン系の資格を有している方が多いです。


税理士事務所は、勉強好きな人が多いと言うことになりますが、
実際に仕事を始めると本当に税務関連の知識を習得しないと
仕事が進みませんので、
勉強好きな人だから税理士事務所で仕事ができる
このような事も感じますかわいい

end
posted by 元職員 at 16:55| 税理士事務所とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。