2011年11月22日

会計記帳業務(1)

最初は先輩のお手伝いから始まっていきますが、
徐々に仕事を任されていきますグッド(上向き矢印)

その中で今後も税理士事務所職員として
仕事として行っていくのが『会計記帳』業務です。

最近は、会計記帳業務をお客様に行っていただく
税理士事務所も増えているようですが、
税理士事務所の定番業務とも言ってもいいほど、
どの税理士事務所でも行っている業務です。


大事な業務ですが、
入社早々からその仕事に携ることになります。

会計記帳業務とは、会社の入金、出金に関連する取引内容を
記録しておくことです。

記録には、専用の会計ソフトを利用することが一般的です。
記録方法としては、仕訳と呼ばれる簿記のルールに則り、
記録していくことになります。


仕訳の知識は、簿記資格を学習することが出来るので、
税理士事務所では簿記有資格者ぴかぴか(新しい)
就職試験で優遇されています。

簿記資格は仕訳の知識以外にも会社の会計に関する
ひと通り知識を身に付けることができ、
その知識を税理士事務所で活かすことが出来ますのでオススメです。

簿記資格をお持ちでなくとも
仕訳の知識があれば、会計ソフトを利用した会計記帳業務は、
あまり苦労することは無いかもしれません。


逆に仕訳の知識が無かったり、パソコン操作が苦手の方は、
税理士事務所で仕事を行う上で最初に苦労する部分かもしれませんね。

ただし、会計記帳業務は、税理士事務所職員に取って
大変大事な業務なので苦手意識を持たず、正確にスピード感を持って
仕訳処理が出来る様に上達していきたいところです。

次回の会計記帳業務のお話です。




posted by 元職員 at 13:04| 税理士事務所の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。