2011年04月29日

仕事への取り組み方

今回は前回の予告通りダッシュ(走り出すさま)入社時の心得的なお話です。

実務的なお話でも良いと思いますが、
ぜひ税理士事務所で長く仕事をしてもらいたい意味も込めて
ちょっと先輩目線的なお話をさせていただきますー(長音記号1)


一般事務的なお仕事があるとは言え、
そこは税理士事務所、専門的な用語も職場で飛び交います。
採用当初はその職場環境に気後れする方と
早く職場に溶け込まないと考え、積極的に行動しようとする方の2タイプに
新人スタッフは分かれます。


やはり積極的に行動する方が良い様にも思えますが、
その取り組み方には注意が必要だと思います。


どの業種、仕事でも同じですが、
ある程度の経験や技量を有する様にならないと
対応できない仕事が税理士事務所にはあります。


どんな仕事でも先輩スタッフが
やり方を教えれば済むことと考えられますが、
教える側のスタッフにも
仕事があり、その仕事に期限が決まっていたり、
緊急対応が必要な仕事もあります。


また、採用時の今なら理解、覚えやすい仕事や
先に理解、覚えておいた方が良い仕事がありますので、
先輩スタッフの指導内容に信じて
仕事に取り組んで言って欲しいと思います。


よく『この仕事はカンタンだから…』なんて言って、
仕事を教えてしまう事が多いですが、
これは教えるスタッフ側の言葉が間違っています。


今なら理解、覚えやすい又は
今、理解、覚えておいた方が今後、理解、覚える仕事にも役立つから
 
と言う意味です。
『カンタンな仕事ばかりで物足りない』なんて思わないでください。


位置情報ただし、積極的な行動は悪くはありません。
何でも吸収して早く職場や仕事に慣れるようと言う姿勢が
必要ですので、『これは早く覚えられそう』と感じる仕事なら
先輩スタッフに相談し、仕事を教えてもらう様にしましょう。

気後れして、与えられた仕事だけ行う姿勢では
いつまでも職場に馴染めません。

自分から発信して、何事も吸収していきましょう晴れ

posted by 元職員 at 19:56| 税理士事務所の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。